FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【矢倉】(研究)米長流急戦矢倉の骨子

久しぶりの更新は、米長流急戦矢倉の研究です。

先日24四段のカメラさんから、矢倉をやるなら急戦を覚えたほうが強くなる、とアドバイスをいただき、米長流急戦をざっと教えてもらいました。自分でもそれなりに対策は勉強していたのですが、自分が使って見るという発想はなかったので、この機会にあらためて、自分が使うつもりでしっかりと研究してみたいと思います。

米長流急戦には大きく分けて2つの流れがあります。
先手が(米長流が後手番)2筋の飛車先を伸ばした時に、一回33銀と上がって飛車先交換を防ぎ、それからタイミングを見て44銀と進出する形と、2筋を受けずにに、6筋~8筋を絡めて先攻し一気に勝負を付ける形です。2筋を受けない形は定跡では少し無理で先手良しとなっていますが、調べてみると骨子となる狙い筋としてはこちらが原点であり、またやや無理とはいっても、先手が少しでも受け間違えれば一気に敗勢に陥る怖い変化があり、先手が最善で受けたとしても、その終盤はそこそこ難解で24の級レベルならどちらが勝ってもおかしくない内容でした。

ということで初回の研究は、骨子となる基本の攻め筋を確認する意味でも、2筋を受けずに攻める形を選んでみました。


スポンサーサイト

【矢倉】(研究)加藤流対森内流

今回は加藤流に対して後手が森内流で対抗する形を研究します。

森内流△9四歩は元々4六銀3七桂戦法における、先手の穴熊への組み換えを警戒する意味合いで指された新手でしたが、△8五歩を保留することで△9三桂~△8五桂と攻め合いの形を作っておく手が生じることで、先手が穴熊を目指さない場合でも有力な指し手となりました。

加藤流に対しても最も有力な対策とされており、加藤流を使う場合は△8五歩型との違いをしっかりと押さえておく必要がありそうです。

棋譜は途中で分岐しています。
まず後手が△8五歩としないことを咎める意味で、先手が端攻めを目指す形。
次に先手が端攻めも△4六銀もあきらめて、△4六歩から右銀の組み換えを目指す形です。



このように、端攻めを目指しても、後手からの△8五桂が厳しく先手の攻めは間に合いません。
また、棋譜では載せていませんが、12手で▲4六銀とする手は、△8五歩型のときと同じように進み、先手が最後に▲9六歩と手待ちする手がないため不成立となります。

そこで、先手は▲4六歩から銀の組み換えをして互いに桂を跳ねてもたれておきながら、仕掛けのチャンスを探り合う展開となって互角、というのが加藤流定跡の現状の結論となります(ただし参考にした森下さんの定跡書自体が少し古いので最新の結論は違っているかもしれません)。

この▲4六歩から銀を組み替える先手の対策は、積極性という面でやや不満な感じもしますが、これで互角なのだとすれば、後手が△8五歩型であっても応用できそうです。その場合後手は△8五桂とは跳ねられないので、四手角の筋で対抗することになるでしょうが、それで互角にやれるのであれば、先手としては▲4六銀と出ていくよりも得なのかもしれません。

これについては後日の研究課題とします。

【矢倉】(研究)加藤流の本筋定跡

今回は加藤流の本筋といえる定跡を研究します。
もちろん互角になる定跡で、他にも互角の結論の定跡はありますが、この形が最も本筋とされています。



ポイントになるのは、先手の3八飛に対して後手が2四銀と備える手。
実に深い意味があり、直接には▲3五歩△同歩▲同角の一歩交換を防いでいて、将来的には△4五歩と突いた場合に△3三桂と位確保の増援を見ています。さらに、先手に仮に4六銀3七桂型を許した場合でも、▲2五桂の跳ねだしを先受けしているため、△3三桂とすぐにぶつけて▲3五歩の仕掛けを許さない意味もあります。

互角の定跡とされていますが、先手はこの形に対しては少し苦戦気味というのが私の印象。
▲4六銀に△4五歩と追い返されて、▲4八飛と回っても△3三桂とぴったり受けられてしまい、▲4六歩の反発がすぐに出来ないとなると、基本的には面白くない。

定跡では先手が9六歩と溜めた手に対して後手が5二飛と回っているため、▲4六歩の仕掛けが成立して互角となっていますが、ここで例えば△6二飛のように待たれるとどうしていいのかわかりません。ここが解決してくれないと、加藤流を自信を持って指すことができないため困るのですが・・・。

この点に関しては近いうちに再度研究してみたいと思います。

【矢倉】(研究)加藤流の骨子となる攻め

今回は加藤流の骨子となる理想的な攻めが決まる手順を研究します。



先手は「雀刺し+棒銀」、後手は「四手角+総矢倉」で対抗したのがこの手順。
ここまでの手順の繊細さは現代矢倉そのものですが、最終的な仕掛けの構図自体は恐ろしく古い形で、何十年、へたをすれば100年以上前からある形なのかもしれません。

このように互いに指したい手を全て指し、理想形を目指した場合、先手の攻めが一手早く、先手が優勢になる、というのが加藤流の骨子となります。もちろん先手が有利になる定跡なのでプロ間でこの図が出現することはありませんが、加藤流の定跡群のベースにはこの変化がある、ということは覚えておく必要があるでしょう。

何故後手が一手遅いのかと言えば、13図で先手と後手の駒組みの違いを考えてみるとわかります。
先手の駒で後手よりも手数が掛かっている部分を確認すると、1八飛車で一手、1七香で一手、2六銀で一手の計三手。後手は角の動きで二手、6四歩で一手の計三手。後手が攻めの準備を整えるには、7三桂の一手が必要ですが、先手よりも一手余分に掛かるため、それが間に合わないということになるのです。

そこでポイントになるのが、後手の8筋9筋の歩。
このうちどちらかの歩を突かなければ、一手早くなります。9五歩を省略したのが基本の定跡で、8五歩を省略するのが、森内流となります。

先手から見たら、後手が8筋9筋の歩を両方とも五段目まで伸ばして来たときは、雀刺しのチャンスと考え、どちらかの歩が四段目で止まっているときは、雀刺しでは間に合わないので、何か他の攻め筋を考える、ということになります。

今回はここまで。
次回は、後手8五歩9四歩型での互角の定跡を研究します。

【矢倉】(研究)▲4六銀の成否

前回、加藤流の研究を始める、と書きましたが、その前に矢倉基本図及びその類型から、▲4六銀と出る手を研究しておこうと思います。

基本図から▲4六銀と出た場合、4六銀・3七桂戦法となるわけですが、そもそもこの手自体、プロ間でも当初は成否が不明で、後手はなんとか咎めようとしていた時期があるほど微妙な手です。また、加藤流においても、▲4六銀と出る狙いはいつでもあって、その成否は基本的には後手側の陣形で決まると思って良いでしょう。

このように、矢倉戦において▲4六銀は大変重要かつデリケートな手であるので、加藤流の研究を深める前に、基本知識として矢倉基本図周辺の局面での、この手の成否を研究しておくことにします。

後手が▲4六銀を咎めようとする場合の手は、基本的には△4五歩の一手となります。そして、基本図周辺では、原則として先手の飛車は2八にいますので、▲同銀と取る手はありません。一回はおとなしく▲3七銀と引くケースが大多数ですが、まれに▲6五歩と角を追う反発が成立するケースもあります。

今回はまず、▲3七銀と引くしかないケースで、先手優勢になるケースと先手不利になるケースを研究します。

まずは、矢倉基本図から▲4六銀△4五歩▲3七銀のケース。
この変化は先手がわずかに優勢になります。

このように、先手には▲3七銀と追い返されたあと、すぐに▲4六歩と反発する手が成立します。後手は角交換から本譜の△6九角、ないしは△4七角と打ちこんでいくのが本筋の手ですが、いずれにしろいったんは▲3七銀と受けておき、△6九角には金で馬を消しに行き、△4七角~△6九角成~△5九馬の筋には▲6七角と自陣角を打ってあくまで馬を消しに行って先手が優勢となります。これは佐藤×森内戦であらわれた有名な変化で、以来、矢倉基本図から▲4六銀と上がる手が成立と判断され、4六銀・3七銀戦法の大流行へと繋がりました。

次に、基本図から▲2六歩△8五歩となった、加藤流の基本図から▲4六銀と出る手の成否を調べます。
この変化は先手がわずかに劣勢となります。

このように、△6九角▲3七銀に△7五歩と突き捨てる手が成立します。これは後手の飛車先の歩が8五まで伸びているからこそ成立するギリギリの手で、本譜の最終図では後手優勢ではあるものの、実際にここから勝ち切るには相当の力が必要で、簡単ではありません。

先手としては、△4五歩▲3七銀△5三銀にすぐに▲4六歩と反発する筋は無理なので、▲4八飛と回ることになり、後手は△4四銀と位を確保することになります。この変化も先手がほんのわずかに悪いはずなのですが、大変微妙な変化となるため、まだ研究が進んでいません。後日研究が進んだらこの変化についてもアップする予定です。

さて、△8五歩の一手が入ってさえいれば△4五歩が成立するのであれば、基本図の最終手△2二玉のところで△8五歩としておけば、▲4六銀は成立しないのではないか、という考え方も出て来ます。実際今のプロの定跡としては、この△8五歩のほうが多いのですが、結果から言うとこれも▲4六銀は成立します。

後手が本譜と同じように攻めた場合、最終手の△3五銀と出た時点で後手玉が3一に居ることになります。それでも次の△8六歩は成立するのですが、この攻めは後手がどこかで飛車を切って攻めを繋げる必要が出てくるため、そうなると先手にはいつでも3一飛の王手から自陣の3筋に飛車を利かせて受ける筋があるため、後手の攻めは無理となるようです。ただし、この変化は私もまだ詳しくは研究していないので、本当に無理なのかどうかはあまり自信がありません。今後機会があれば研究してみたいと思います。

今回はここまで。
次回は、加藤流に対して後手がやってはいけない手を研究する予定です。
プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。