スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢倉 後手55歩急戦(阿久津流)対策

今日の棋譜は矢倉の△55歩急戦対策です。
阿久津流とも呼ばれるこの急戦は、仕掛けとしては昔からあったようですが、阿久津プロが独自の研究を加えて近年使用して高勝率を上げたため見直され、現在ではA級順位戦やタイトル戦でもときどき見られるようになりました。

将棋倶楽部24でもこの使い手が増殖中で、私も対策に頭を悩ませていたのですが、最近見たプロの棋譜で良さそうな対策を見つけたので、早速使って見たわけです。その対策とは、矢倉の金を繰り出して後手の飛角を圧迫し押さえ込んで指すというもの。私の棋風は元来が押さえ込みなので、この指し方がピッタリマッチしたようで、かなり気に入りました。今後も実戦で使って慣れていきたいと思います。


スポンサーサイト

1級戦線 矢倉35歩仕掛け

1級に上がってから負けて2級に落ちましたが、なんとか踏みとどまって再び1級を狙う一戦です。
相手の方は1477の1級氏。こうして1級と戦えることは実力アップにはとても大きいので、仮に2級に落ちてもしっかり指して、少しでも上のレベルでの対局を増やしていくことが大事だと思っています。

内容のほうは、こちらがリード出来る局面で定跡を忘れてしまいやや不利になりました。
しかしその後の中盤~終盤の指し回しでギリギリのところを見極めて、力を溜めることができたので、まずまず満足の一局。いい将棋の勝ち方を悪い将棋の粘り方、互角の将棋の乗り切り方、それぞれにそれなりの技があります。それを少しずつ磨いていければ、自然に段が見えてくると思うのですが、さてさて。


【矢倉】(実戦)さざんかB級順位戦 金星

初参加した前期のさざんか順位戦は一敗してしまいましたが、なんとか昇級できました。
今期はB級。強豪ぞろいですから、残留するのも困難ですが、上位から2回勝てればチャンスが出てくるので頑張るつもりです。

そのB級順位戦の初戦は前期A級から惜しくも降級したちゅーぼう四段。
この対局時はたまたま三段に落ちていましたが、平均して四段をキープしている強豪で、ハッキリ言ってとてもかなう相手ではありません。金星を狙うつもりもなく、形ぐらい作れればラッキーという気持ちで対局したのですが、これがまさかの大金星に。

私の先手矢倉志向に、後手は矢倉中飛車。
最後飛車を打ち込んで寄せに入るまで、自分がいいとは一瞬も思っておらず、なんとか一手違いぐらいにはしたい、と欲張らずに指していたのが、大きなミスなく指せた要因でしょう。

こんな大金星はもう当分なさそうなので、大事に記念にアップしておきます(笑)


【矢倉】(実戦)無理矢理矢倉対右四間

内容はかなりひどいのですが、一度完全に入玉された相手玉を奇跡的に追い返して詰ませることができたので、記念に載せておきます。こんな負け方したら口惜しいでしょうね(笑)


【矢倉】(実戦)対米長流急戦矢倉

後手の急戦矢倉に対する実戦例です。

相手が急戦で来たときは、頭の切り替えが必要で、出来るだけ素早く、シンプルに攻撃態勢を築かないと、一方的に負けてしまいます。

本局はタイミング良く▲24歩から角を活用することが出来て、後手の攻めが本格的に始まる前に反撃をすることが出来ましたが、私の悪い癖もまだ出ていて、今後の課題も残りました。


プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。