FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【矢倉】(研究)加藤流対森内流

今回は加藤流に対して後手が森内流で対抗する形を研究します。

森内流△9四歩は元々4六銀3七桂戦法における、先手の穴熊への組み換えを警戒する意味合いで指された新手でしたが、△8五歩を保留することで△9三桂~△8五桂と攻め合いの形を作っておく手が生じることで、先手が穴熊を目指さない場合でも有力な指し手となりました。

加藤流に対しても最も有力な対策とされており、加藤流を使う場合は△8五歩型との違いをしっかりと押さえておく必要がありそうです。

棋譜は途中で分岐しています。
まず後手が△8五歩としないことを咎める意味で、先手が端攻めを目指す形。
次に先手が端攻めも△4六銀もあきらめて、△4六歩から右銀の組み換えを目指す形です。



このように、端攻めを目指しても、後手からの△8五桂が厳しく先手の攻めは間に合いません。
また、棋譜では載せていませんが、12手で▲4六銀とする手は、△8五歩型のときと同じように進み、先手が最後に▲9六歩と手待ちする手がないため不成立となります。

そこで、先手は▲4六歩から銀の組み換えをして互いに桂を跳ねてもたれておきながら、仕掛けのチャンスを探り合う展開となって互角、というのが加藤流定跡の現状の結論となります(ただし参考にした森下さんの定跡書自体が少し古いので最新の結論は違っているかもしれません)。

この▲4六歩から銀を組み替える先手の対策は、積極性という面でやや不満な感じもしますが、これで互角なのだとすれば、後手が△8五歩型であっても応用できそうです。その場合後手は△8五桂とは跳ねられないので、四手角の筋で対抗することになるでしょうが、それで互角にやれるのであれば、先手としては▲4六銀と出ていくよりも得なのかもしれません。

これについては後日の研究課題とします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほどの順

凝った研究ですね~(^~^;)ゞ

加藤流は指しませんが、色々と試行錯誤があるようで、、、
銀の組み換えは私も積極性が欠けると思います。現代の主流は▲37銀ですが、加藤流は有力な作戦ですよね( ・∀・)b

お願い

ぐいんさん、どもまくです。
自分、実は詰将棋ブログやってます。
今回相互リンクのお願いに来ました。
よろしくです。

リンクしました

トマホークさん、まくさん、コメントありがとうございます。
お二人のブログへリンクさせていただきました。
よろしくお願いいたします^^
プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。