FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【矢倉】(研究)米長流急戦矢倉の骨子

久しぶりの更新は、米長流急戦矢倉の研究です。

先日24四段のカメラさんから、矢倉をやるなら急戦を覚えたほうが強くなる、とアドバイスをいただき、米長流急戦をざっと教えてもらいました。自分でもそれなりに対策は勉強していたのですが、自分が使って見るという発想はなかったので、この機会にあらためて、自分が使うつもりでしっかりと研究してみたいと思います。

米長流急戦には大きく分けて2つの流れがあります。
先手が(米長流が後手番)2筋の飛車先を伸ばした時に、一回33銀と上がって飛車先交換を防ぎ、それからタイミングを見て44銀と進出する形と、2筋を受けずにに、6筋~8筋を絡めて先攻し一気に勝負を付ける形です。2筋を受けない形は定跡では少し無理で先手良しとなっていますが、調べてみると骨子となる狙い筋としてはこちらが原点であり、またやや無理とはいっても、先手が少しでも受け間違えれば一気に敗勢に陥る怖い変化があり、先手が最善で受けたとしても、その終盤はそこそこ難解で24の級レベルならどちらが勝ってもおかしくない内容でした。

ということで初回の研究は、骨子となる基本の攻め筋を確認する意味でも、2筋を受けずに攻める形を選んでみました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。