スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1級に到達!

昨日ついに1級に到達しました。人から見たらたいしたことないかもしれませんが、自分ではかなり嬉しい。
なにしろ11年前に10級で始めて、3年ほどで2級まで上がりましたが、それ以来7年以上も止まったまま。一時は7級ぐらいまで落ちたこともありました。最高Rを更新しただけでも嬉しいのですが、やっぱり具体的に級が上がるほうが、より実感できて嬉しさもひとしおです。

早速1級昇級を決めた一番をアップしたいところなのですが、その一番は相手の戦法がかなり変態チックで、ブログにアップするような内容ではないので、過去の棋譜から、とっておきを一つアップします。

これは四段のアバーナントさんに胸を貸してもらった一戦なのですが、升田式石田流を使ってきた、本気モードのアバさんとガップリとことん戦った上で勝利した貴重な一勝でした。このとき依頼、対石田流に自信を持つことが出来るようになり、勝率がアップして今回の昇級に繋がったと思います。その思い出の対局を1級昇級記念にアップすることにします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1級おめでとうございます!これで段が見えてきましたね。

本局もすさまじい応酬で最後までぎりぎりでしたね。最後よく逃げ切れたなーと。自分ではおそらくどこかで捕まってしまう自信があります(笑)

72手目の段階で駒割りが悪くないのが意外でした。67手目35銀が好手だったんでしょうね。

一つ疑問は93手目でしょうか。ここは例えば5筋にと金を作るような手は成立しないのでしょうか。あーでも歩切れか。難しい所ですね。

No title

ども~。
93手目は残念ながら攻めあう余裕はなさそうですね。
次に△58銀成▲同玉△88飛をまともに食らっては、先手玉は寄り形、攻めあうならここで詰めろを掛けるぐらいじゃないと、とても勝負になりません。

ということで、ここではいったん受けに回る手が必要な局面で、本譜▲47竜か▲59飛の二択だったと思います。攻めあって勝てないということはちょっと苦しい局面なんですが、後手も攻め駒が豊富なわけではないので、粘り甲斐のある局面ですね。

受けに回る時は、受け一方にならないように、相手の拠点を取り払ったり、相手の攻め駒を取るぞ、と急かして、攻め駒の数を足されないようにするのがコツでしょうか。駒の損得よりもスピードの受けバージョン、駒の損得よりも相手の攻めが手厚くならないようにする、という感じです^^
プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。