FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【矢倉】(研究)▲4六銀の成否

前回、加藤流の研究を始める、と書きましたが、その前に矢倉基本図及びその類型から、▲4六銀と出る手を研究しておこうと思います。

基本図から▲4六銀と出た場合、4六銀・3七桂戦法となるわけですが、そもそもこの手自体、プロ間でも当初は成否が不明で、後手はなんとか咎めようとしていた時期があるほど微妙な手です。また、加藤流においても、▲4六銀と出る狙いはいつでもあって、その成否は基本的には後手側の陣形で決まると思って良いでしょう。

このように、矢倉戦において▲4六銀は大変重要かつデリケートな手であるので、加藤流の研究を深める前に、基本知識として矢倉基本図周辺の局面での、この手の成否を研究しておくことにします。

後手が▲4六銀を咎めようとする場合の手は、基本的には△4五歩の一手となります。そして、基本図周辺では、原則として先手の飛車は2八にいますので、▲同銀と取る手はありません。一回はおとなしく▲3七銀と引くケースが大多数ですが、まれに▲6五歩と角を追う反発が成立するケースもあります。

今回はまず、▲3七銀と引くしかないケースで、先手優勢になるケースと先手不利になるケースを研究します。

まずは、矢倉基本図から▲4六銀△4五歩▲3七銀のケース。
この変化は先手がわずかに優勢になります。

このように、先手には▲3七銀と追い返されたあと、すぐに▲4六歩と反発する手が成立します。後手は角交換から本譜の△6九角、ないしは△4七角と打ちこんでいくのが本筋の手ですが、いずれにしろいったんは▲3七銀と受けておき、△6九角には金で馬を消しに行き、△4七角~△6九角成~△5九馬の筋には▲6七角と自陣角を打ってあくまで馬を消しに行って先手が優勢となります。これは佐藤×森内戦であらわれた有名な変化で、以来、矢倉基本図から▲4六銀と上がる手が成立と判断され、4六銀・3七銀戦法の大流行へと繋がりました。

次に、基本図から▲2六歩△8五歩となった、加藤流の基本図から▲4六銀と出る手の成否を調べます。
この変化は先手がわずかに劣勢となります。

このように、△6九角▲3七銀に△7五歩と突き捨てる手が成立します。これは後手の飛車先の歩が8五まで伸びているからこそ成立するギリギリの手で、本譜の最終図では後手優勢ではあるものの、実際にここから勝ち切るには相当の力が必要で、簡単ではありません。

先手としては、△4五歩▲3七銀△5三銀にすぐに▲4六歩と反発する筋は無理なので、▲4八飛と回ることになり、後手は△4四銀と位を確保することになります。この変化も先手がほんのわずかに悪いはずなのですが、大変微妙な変化となるため、まだ研究が進んでいません。後日研究が進んだらこの変化についてもアップする予定です。

さて、△8五歩の一手が入ってさえいれば△4五歩が成立するのであれば、基本図の最終手△2二玉のところで△8五歩としておけば、▲4六銀は成立しないのではないか、という考え方も出て来ます。実際今のプロの定跡としては、この△8五歩のほうが多いのですが、結果から言うとこれも▲4六銀は成立します。

後手が本譜と同じように攻めた場合、最終手の△3五銀と出た時点で後手玉が3一に居ることになります。それでも次の△8六歩は成立するのですが、この攻めは後手がどこかで飛車を切って攻めを繋げる必要が出てくるため、そうなると先手にはいつでも3一飛の王手から自陣の3筋に飛車を利かせて受ける筋があるため、後手の攻めは無理となるようです。ただし、この変化は私もまだ詳しくは研究していないので、本当に無理なのかどうかはあまり自信がありません。今後機会があれば研究してみたいと思います。

今回はここまで。
次回は、加藤流に対して後手がやってはいけない手を研究する予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Guin saga

Author:Guin saga
ぐいんさーが
将棋歴25年

棋力
生道場三段
倶楽部24 最高R1485(1級)

7年ぶりに昇級しました。
さらに勉強して24初段を目指します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。